パワーポイント スキルアップ メルマガ

2%UPする!PowerPointスキルアップ講座メルマガ登録・解除バックナンバーPPwork事業概要ご意見・ご質問
パワーポイントスキルアップ講座

パワーポイントスキルアップ講座

第3期

【No.065】白黒印刷の場合どうする!?

3-017
↑画像をクリックすると別ウインドウで拡大できます。↑


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<<読者数:0925>>
┏ 今回のスキルアップ
┏ 白黒印刷の場合どうする!?
┏ 難易度:☆☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!PP職人です。

さて、この第3期は色について見てきましたが、

今日は逆に色が使えない場合を考えてみたいと思います。


色が使えない。

つまり、モノクロの場合ということです。


パワーポイントを画面上で見ている場合は、

色が付いているので気にする必要はありませんが、

印刷をする場合に白黒印刷をすることがあります。


その場合には、

よく色の区別がつきにくくなってしまうことがよくあります。


これまでに紹介した色の統一感を出そうと、

トーンを合わせた色遣いにすると

こういった問題がよく出てきます。


白黒印刷の場合、色は色の濃さによって白に近づいたり、

黒に近くなったりします。


トーンを統一するとその色の濃さが

似たものになってしまうわけです。


では、白黒印刷を想定した場合に、

どのように対処すればよいでしょうか?


一つは、統一感を出すときに、

トーンを合わせるのではなく、

色相を合わせて、トーンで区別するのが有効です。



でも、この方法でも区別したい色の数が多いと問題が出てきます。

白から黒の間には、無数のグレーがあります。

グレー25%とかグレー40%、グレー50%、グレー80%など、

パワーポイントで色を選択する場合に出てくると思います。


その%が近いもの同士は、

似た濃さなので、白黒印刷では区別できなくなってしまいます。


白と黒の間に4段階位のグレーになるように配色するのが、

区別できる限界ではないでしょうか。


では、区別したい色がたくさんあり、

白黒印刷をしなければならない場合には、

どうしたらよいでしょうか?


それは、模様をつける方法があります。

PowerPoint2003であれば、

塗りつぶし効果の中に「パターン」というのがあります。


そこで縞模様や水玉模様などの模様を選択すれば、

白黒印刷でもその模様で区別することができるようになるわけです。


では、PowerPoint2007では?というと、

この「パターン」という機能が2007ではなくなってしまいました。


これは日本とアメリカの違いなのではないかと思いますが、

アメリカはPowerPointを印刷するということが、

日本程多くないようなので、

この機能がなくなってしまったのではないかと思っています。


で、2007の場合にどうすればよいかというと、

テクスチャを使います。


塗りつぶしの中でテクスチャというのがあり、

木目や大理石といった素材が出てきますが、

これらを使ってもちょっと気持ち悪いので、

ちょっと工夫しましょう。


縞模様や水玉模様をあらかじめ図として保存しておきます。

そして、テクスチャでその保存した図を選べば、

縞模様や水玉模様の図にすることができます。


これで白黒印刷の場合でも大丈夫です。


さて、もうすぐ4月ということもありますので、

この第3期16回にわたって見てきた

『色で訴えるプレゼンテーション』は

次回で最終回にしたいと思います。


次回はこの第3期のまとめをしまして、

その次からは新たに第4期に入りたいと思います。


第4期をどういう内容にするかは、

いま考え中です。


ちょっと長くなってしまいましたが、

今日はここまでにしたいと思います。

お疲れさまでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏ こんなことがありました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1月にスノーボードに行って猛吹雪だったので、

この前リベンジしてきました。

でも今度は、吹雪ではなく雨。。。

今月は結構気温が高かったですね。

東京に住んでいますが、家の近くの桜ももう開きはじめています。

来週末くらいが花見にはちょうどいい頃かな!?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


<<次のページ | 前のページ>>

バックナンバー一覧はこちら




2%UPする!PowerPointスキルアップ講座への登録はこちら



Menu











Pick Up

パワーポイントのことならPPwork

パワーポイント無料素材ダウンロード

院内マーケティング

ページトップへ戻る

HOME登録・解除PPworkについてご意見・ご感想
バックナンバー第1期第2期第3期第4期番外編

パワーポイント作成代行・パワーポイントデザインのPPwork