パワーポイント スキルアップ メルマガ

2%UPする!PowerPointスキルアップ講座メルマガ登録・解除バックナンバーPPwork事業概要ご意見・ご質問
パワーポイントスキルアップ講座

パワーポイントスキルアップ講座

第4期

【No.091】プレゼン構成の選び方

↑拡大表示↑
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<0883部>
□今回のスキルアップ
□プレゼン構成の選び方
□難易度★★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!PP職人です。


前回はプレゼン構成の4つ目、

要約型のプレゼン構成について見ていきました。

もっとも使われる構成だと思いますので、

今一度確認してもらえればと思います。



今回は、これまで見てきた4つのプレゼン構成

・説明型と説得型
・全般型と要約型

ここからどう選んだらよいかを

考えてみたいと思います。


前にも話しましたが、

テーマ(What)と時間(When)の2つの軸から

考えていきます。


説明型と説得型は、

テーマ(What)から考えると言いました。


正確な理解を相手に求める場合は、説明型。

相手に採用してもらうとか、協力してもらうとかの

アクションを求める場合は、説得型。


そして、全般型と要約型は、

時間(When)から考えます。


プレゼンの時間が十分にある場合は全般型。

十分にない場合は要約型というわけです。


まずは、説明型か説得型かを選択して、

プレゼン時間を意識せずに目次を作っていきます。


説明型の場合は、時系列や概要から詳細へ進む流れなど、

説得型の場合は、どこにアピールポイントを置くか

ということに注意して目次を作ります。


一通り目次を作成したところで、

その目次を眺めてみましょう。


次にプレゼンの時間に収まるかどうかを

考えましょう。


プレゼンの時間に収まるのであれば、

そのまま全般型。


プレゼンの時間に収まらないのであれば、

テーマに沿ってプレゼンの概要をピックアップし、

プレゼンの前半に持って行って、

要約型にしていきます。

後半部分は、添付資料として、配付するなど、

補足する情報として使います。


いかがでしょう?

これで、プレゼンの目次が完成です。


テーマ(What)と時間(When)の

2パターン × 2パターン = 計4パターンを

状況に合わせて使い分けていきましょう。


今日はここまでにしたいと思いますが、

次回は、この目次の作成について、

もう少し具体的に見ていきたいと思います。


では、次回もお楽しみに。

お疲れ様でした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ ブログ「売りたいアタマと買いたいココロ」更新情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ここのコーナーでは、マーケティング理論などを、

図解で紹介しているブログ「売りたいアタマと買いたいココロ」

<http://blog.your-insight.net>の更新情報を紹介します。


<今週の更新>

■ iCloudで圧倒的優位を追求するApple
    〜先行者優位/先手の連鎖シナリオ〜

■ 理想的な「自分らしさ」をつくる消費
    〜自己表現因子〜

ぜひご覧ください。→ http://blog.your-insight.net

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ こんなことがありました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近寝不足が続いてしまっています。

5月6月は毎年仕事が忙しく、

徹夜になってしまう日もよくあるんですが、

一度徹夜すると生活のリズムがずれてしまいますね。

前はそのまま昼間も寝ずに無理やりリズムを戻していたのですが、

最近はなかなかそうもいかなくなってきました(-_-;)

そろそろ仕事も落ち着いてくる頃なので、

少しずつリズムを戻していかなければ。






2%UPする!PowerPointスキルアップ講座への登録はこちら



Menu











Pick Up

パワーポイントのことならPPwork

パワーポイント無料素材ダウンロード

院内マーケティング

ページトップへ戻る

HOME登録・解除PPworkについてご意見・ご感想
バックナンバー第1期第2期第3期第4期番外編

パワーポイント作成代行・パワーポイントデザインのPPwork