パワーポイント スキルアップ メルマガ

2%UPする!PowerPointスキルアップ講座メルマガ登録・解除バックナンバーPPwork事業概要ご意見・ご質問
パワーポイントスキルアップ講座

パワーポイントスキルアップ講座

第4期

【No.089】全般型のプレゼン構成

 
↑拡大表示↑

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<0890部>
□今回のスキルアップ
□全般型のプレゼン構成
□難易度★★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!PP職人です。

いやー東京は梅雨入りしてしまいまいた。

雨ばかりで嫌ですね。


前回は説得型のプレゼン構成について、

見ていきましたが、

ちょっと補足しておきたいと思います。


とりあえず、前回の内容はこちらです。

↓↓↓↓↓

http://school.ppwork.biz/?eid=991322


どういうときに説得型にするか、

相手にどういうアクションを取ってほしい時かというと、

「採用してもらう」とか「協力してもらう」とか、

プレゼンを聞いた後に、

相手に何かアクションを取ってほしい。


そんなときにこの説得型を使うと覚えておきましょう。



さて、今日の話に入っていきたいと思います。


今日は、時間からどのくらいの情報量にするか

ということで2パターン分かれる1つ目。


全般型についてみていきたいと思います。


とは言っても、この全般型は、

とにかくプレゼンで訴えたいことを、

全て盛り込んでいくパターンなので、

特に何かを意識しなければならないということは

ありません。


1つの流れをそのまま説明していくパターンです。


気をつけておかなければならないのは、

自分の説明したい内容に対して、

プレゼンの時間が十分にあるかどうかということ。


プレゼンの時間があまりないのに、

全般型で話してしまうと、

結局相手に伝えたいことを伝え切る前に

時間オーバー。なんていうことになってしまいます。


もう一つ。

この全般型で注意しておくことは、

1つの流れをそのまま説明していくので、

全体的に抑揚がなくなってきます。


プレゼンの内容を相手がしっかりと聞いてくれる場合は、

全般型で一つ一つ説明していくのも良いでしょうが、

あまり興味を持っていない相手だと、

飽きてしまうかもしれません。


全般型でプレゼンを行う場合は、

もともと相手が興味を持ってくれているのかどうか

ということを考えて作りましょう。


では、つまらないプレゼンにしないために、

どうしたらよいか?


それは、次回説明する要約型のパターンになります。

おそらくプレゼンをする場合、

事細かに全般型でプレゼンをするよりも、

要約型にする場合の方が多いかもしれません。


では、次回はその要約型を見ていくことにしましょう。

今日もお疲れ様でした。

次回もよろしくお願いします。

ではまた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□
□ ブログ「売りたいアタマと買いたいココロ」更新情報
□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ここのコーナーでは、マーケティング理論などを、

図解で紹介しているブログ「売りたいアタマと買いたいココロ」

<http://blog.your-insight.net>の更新情報を紹介します。


<今週の更新>

■ 「自社は何が優れているのか」を判断してターゲットを決める
  〜標的市場の設定〜

■ 「確かこの辺りにアノ店があったはず…」
  〜消費者情報処理の理論/外的情報探索〜


ぜひご覧ください。→ http://blog.your-insight.net

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□
□ こんなことがありました
□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

テレビ東京の「出没!アド街ック天国」で、

自分が住んでいる地域をやっていました。

出ていた店の前を通りかかると、

やっぱりいつもよりもお客さんが入っている感じでした。

テレビの力ってすごいですよね。

幸い自分のお気に入りの店は、あまり出ていなかったので、

残念だと思いつつも、混雑することもないので、

逆に良かったかも(^-^)






2%UPする!PowerPointスキルアップ講座への登録はこちら



Menu











Pick Up

パワーポイントのことならPPwork

パワーポイント無料素材ダウンロード

院内マーケティング

ページトップへ戻る

HOME登録・解除PPworkについてご意見・ご感想
バックナンバー第1期第2期第3期第4期番外編

パワーポイント作成代行・パワーポイントデザインのPPwork