パワーポイント スキルアップ メルマガ

2%UPする!PowerPointスキルアップ講座メルマガ登録・解除バックナンバーPPwork事業概要ご意見・ご質問
パワーポイントスキルアップ講座

パワーポイントスキルアップ講座

第4期

【No.076】Where(場所)を確認する

4-009
↑クリックすると別ウインドウで拡大できます。↑

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━[0920部]
□ 今回のスキルアップ
□ Where(場所)を確認する
□ 難易度:★★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!PP職人です!

前回は「Why(理由)を確認する」ということで見ていきました。

→ http://school.ppwork.biz/?eid=991309


今回はWhere(場所)についてみていきたいと思います。

Where(場所)というのは、

もちろんプレゼン本番にどういう場所をやるかということです。


できれば、プレゼンをする場所を実際に見ておくと、

プレゼンの見せ方が分かってくるのでいいでしょう。


その時に、どういうことを見ておいた方がいいか?


それは、部屋の広さと設備を見ておきます。


まず部屋の広さは、

打ち合わせスペース、10名程度が入れる会議室、

20〜30人が座れるセミナールームか、

それとも100人規模で入る講演会場か。


この部屋の広さによって、

プロジェクターを使わなければいけないのか、

配布資料をどうするかなどが分かってきます。


そして、もう一つ設備について、

その時にはこんなことを確認しておきます。


●照明の明るさ

照明が暗い場合はその場で配布資料を読むことができませんし、

照明が明るい場合は、プロジェクターが見にくくなります。

その時にプロジェクター自体の明るさもチェックしておきます。


●スクリーンの大きさ

スクリーンの大きさによって、

読める文字の大きさが違ってきます。

これは部屋の広さにも関わってくる点です。


●机の形状

スクール形式で机が並んでいる場合は、

スクリーンの下の方が前の人の頭に隠れてしまう場合があります。

そんなときはスライドの下の方をなるべく使わない配慮が必要です。


●声の通り具合(マイクの有無)

後ろの方まで声が通るかどうかというのは重要です。

通りが悪い場合は、

会場でマイクを用意してもらっておく必要があります。


このように、場所を確認しておくことで、

プレゼンの見せ方がよくわかってくるので、

何気ないことですが、場所の確認というのは重要です。


では、次回はWhen(時間)についてみていきたいと思います。

今日もありがとうございました。

また次回よろしくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

□ こんなことがありました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

中性脂肪が多くて、ダイエット中という話を、

このコーナーで前に書きましたが、中間報告です。

スタート当初の体重から現在6kg減しました!

なかなか若い時のようにすぐに減ったりしませんが、

地道な努力が必要ですね。。。





2%UPする!PowerPointスキルアップ講座への登録はこちら



Menu











Pick Up

パワーポイントのことならPPwork

パワーポイント無料素材ダウンロード

院内マーケティング

ページトップへ戻る

HOME登録・解除PPworkについてご意見・ご感想
バックナンバー第1期第2期第3期第4期番外編

パワーポイント作成代行・パワーポイントデザインのPPwork