パワーポイント スキルアップ メルマガ

2%UPする!PowerPointスキルアップ講座メルマガ登録・解除バックナンバーPPwork事業概要ご意見・ご質問
パワーポイントスキルアップ講座

パワーポイントスキルアップ講座

第3期

【NO.062】色のバランスの黄金比

3-014
↑画像をクリックすると別ウインドウで拡大できます。↑

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<<読者数:0891>>
┏ 今回のスキルアップ
┏ 色のバランスの黄金比
┏ 難易度:☆☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!PP職人です。

3回にわたって統一性、明瞭性、対照性と見てきました。

その3つはわかったんだけど、

じゃあどうすればいいの?ということで、

今回は紹介したいと思います。


前回の対照性についてはこちら↓
http://school.ppwork.biz/?eid=921872


3つがわかっていても、バランスが崩れてしまっては

意味がありません。


バランスをとるときの黄金比を覚えておきましょう。


プレゼン資料に限らず、

インテリアや洋服などのカラーコーディネートで

意識されることがあります。


使う色を大きく3つととらえます。

それは、

ベースカラー、テーマカラー、アクセントカラー、

と呼ばれるものです。


プレゼン資料を作るのに

それらの名前を覚える必要はありませんが、

その面積の比を覚えておくといいと思います。


ベースカラーとは、一番面積が大きい色。

アクセントカラーが一番面積が小さい色。

テーマカラーはその中間となります。


その3つの色を

ベースカラー70%
テーマカラー20〜25%
アクセントカラー5〜10%

にすると、いい感じにおさまります。


ベースカラーというのは、

全体を統一する色なので、コーポレートカラーなどを使うと

いいかもしれません。


そしてテーマカラーはベースカラーに準じた色。


アクセントカラーはプレゼン資料の中で

特に注目させたい部分に使用すると目立たせることができます。


このようにプレゼン資料を作るときに、

この7:2:1の黄金比を意識して作ると、

まとまっていながらも、

アピールするところはアピールできる資料になると思います。


プレゼン資料を作っていて、

どうも自分にセンスがないんじゃないかと思っている人は、

覚えておいて損はないでしょう。


それでは次回は、

この黄金比を使って、いろいろな組み合わせを

考えてみたいと思います。


今日はここまで。

次回もお楽しみに。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏ 教えて!PP職人

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Q.パワーポイントのハイパーリンクで、

  別のパワーポイントのファイルの特定のスライドに

  リンクさせることってできますか?


A.実はできてしまうのです。

  ハイパーリンクの編集で、ファイルを指定するときに

  「C:¥Documents and Settings¥-----¥-----.ppt」

  といった感じになると思いますが、

  もしそのファイルの3スライド目にリンクしたいのであれば

  「#3」とつければリンクできます。

  つまり、「#」のあとにスライド番号を入れればOKです。

  ただ、ハイパーリンクをクリックしたときに

  開くかどうかの確認のメッセージが表示されてしまいますので

  あらかじめリンク先のファイルは

  開いておかなければなりません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏ こんなことがありました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最近運動不足で、フィットネスジムに通い始めました。

前に通っていたのですが、やめてしまいまして、

また通い始めたところです。

さて、気合を入れてがんばるぞ!と思っていたら、

初日で頑張りすぎたのか、

3日後まで筋肉痛になってしまいました。。。

いきなり無理してはいけませんね。。。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





2%UPする!PowerPointスキルアップ講座への登録はこちら



Menu











Pick Up

パワーポイントのことならPPwork

パワーポイント無料素材ダウンロード

院内マーケティング

ページトップへ戻る

HOME登録・解除PPworkについてご意見・ご感想
バックナンバー第1期第2期第3期第4期番外編

パワーポイント作成代行・パワーポイントデザインのPPwork