パワーポイント スキルアップ メルマガ

2%UPする!PowerPointスキルアップ講座メルマガ登録・解除バックナンバーPPwork事業概要ご意見・ご質問
パワーポイントスキルアップ講座

パワーポイントスキルアップ講座

第3期

【NO.060】逆の色で明瞭性をアップ!

3-012
↑画像をクリックすると別ウインドウで拡大できます。↑

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<<読者数:0883>>
┏ 今回のスキルアップ
┏ 逆の色で明瞭性をアップ!
┏ 難易度:☆☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは!PP職人です。


今日は前回の統一性に続き、

明瞭性について説明したいと思います。


前回の統一性についてはこちらで↓

http://school.ppwork.biz/?eid=904576


さて、今回の明瞭性ですが、

言葉の通り分かりやすくすることです。


前回、統一性ということで話をしましたが、

あまりにも統一性を意識しすぎると

似た色が隣り合ってしまってわかりにくい場合があります。


それを今回の明瞭性を意識することによって

クリアしようというわけです。


明瞭にするということは、

色と色の境目をはっきりさせることにです。


では、どうしたら分かりやすく考えてみましょう。


色相やトーンを同じにすることによって

統一することができます。


それがかえって分かりにくくなるわけですから、

逆に色相やトーンを統一しなければ、

分かりやすくするわけです。


何か変な感じがしますが、そうなのです。


ちょっとテレビアニメを思い出してください。


ほとんどのアニメは輪郭を黒で囲っていますね。

この輪郭がなかったらどうでしょう?


はっきりしなくて、わけがわからなくなるでしょう。


プレゼン資料でも同じことがいえるわけです。


例えば暗いトーンで似ている色が隣り合っている場合は、

間に明るいトーンの色を入れると明瞭になります。


そして、色相が似ている色の場合はというと、

逆の色相にすれば明瞭になります。


例えば、青に対して黄色。

赤に対して緑などにすると明瞭になります。


パワーポイントの塗りつぶし→その他の色で、

六角形が出てきますが、

その対角線の色を使えば逆の色が選択できます。


ただ、色相を変えてしまうと、

統一性が失われやすくなってしまいます。


単純に逆の色相の色を選んでいくと、

色の種類が多くなりすぎてしまって、

統一性が失われてしまうわけです。


それを防ぐためには、

色の数が多くならないように、

色がない白や黒、グレーを使うというのが有効です。


まずは統一性を意識して、

その上で見にくい部分に関して明瞭性を意識することで

バランスを取るようにしましょう。


では、今日はここまでにします。

次回は対照性について説明したいと思います。


それでは、お疲れ様でした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏ こんなことがありました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のニュースは酒井法子の話題で持ち切りでしたね。

有名人ということで注目されるのはわかるのですが、裁判の内容だ

けではなく、黒い服を着ていましたとか、髪型がどうだったという

情報まであったりして、そこまでの情報が必要なのか!?という気

がしてしまいました。

プレゼンもそうですが、伝えるべき重要なことは伝え、無駄な情報

はなるべく排除する方が、しっかりと伝わるのではないでしょうか

ね。(^^;)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





2%UPする!PowerPointスキルアップ講座への登録はこちら



Menu











Pick Up

パワーポイントのことならPPwork

パワーポイント無料素材ダウンロード

院内マーケティング

ページトップへ戻る

HOME登録・解除PPworkについてご意見・ご感想
バックナンバー第1期第2期第3期第4期番外編

パワーポイント作成代行・パワーポイントデザインのPPwork