パワーポイント スキルアップ メルマガ

2%UPする!PowerPointスキルアップ講座メルマガ登録・解除バックナンバーPPwork事業概要ご意見・ご質問
パワーポイントスキルアップ講座

パワーポイントスキルアップ講座

第2期

【No.046】全角

2-020
↑クリックすると別ウインドウで拡大できます。↑

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━《読者数:0865》
┏ 今回のスキルアップ
┏ 全角
┏ 難易度:☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

こんにちは。PP職人です。
2回に渡って、パワーポイントを作るときの配置について
見てきました。

前々回:http://school.ppwork.biz/?eid=797137
前回:http://school.ppwork.biz/?eid=802399

今回は「全角」についてです。
みなさんはパワーポイントでテキストを入れるときに、
数字やアルファベットは全角を使いますか?
半角を使いますか?

あまり気にしないという人も多いかも知れませんが、
見ている方としては、気になる場合もあります。

プレゼンテーションの中で、
数字に関する情報というのは、
結構重要なことが多いと思います。

金額、期間、人数など、、、
パワーポイントで説明された提案内容を
採用するかどうかは数字が大きく影響します。

その数字を表現するときに、
場所によって全角だったり半角だったりすると
どういった印象を持つでしょうか?

パワーポイントの中で数字の部分というのは、
比較的注目されやすい部分です。

そこがバラバラだと
見ている人にとっては、
あまりいい印象を受けません。

パワーポイントの資料では、
数字やアルファベットは、
全角か半角かは統一しておいた方がよいでしょう。

どちらが良いかというのは、
パワーポイントで使っているフォントによって
半角の幅が違うので一概にどちらとは言えません。

ただ、気にしておいた方がよい点はいくつかあります。

・桁数が多い数字
桁数が多い数字は全角にしてしまうと、
間延びした感じになってしまい、
見づらいので、半角の方がよいでしょう。

しかし、パワーポイントで
どうしても全角の数字を使いたい場合は、
一つ注意が必要です。

数字を全角で入力するときには、
「,(カンマ)」だけ半角にした方がいいと思います。

パワーポイントで、カンマを全角にしてしまうと、
かなり間隔があいてしまって、
とても見づらくなってしまいます。

フォントが違ってもカンマはあまり変化がないので、
「カンマを使うときは半角」というルールで
いきましょう!

逆に、半角ではなくて、
全角を使った方がいいケースもありますので、
それは次回ご紹介しますね。

それでは、今日は終わりたいと思います。
お疲れさまでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┏┏ 質問コーナー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Q.
パワーポイントで、写真を丸くすることはできますか?

A.
PowerPoint2007の場合は、写真などの画像を丸くトリミングす
ることができますが、PowerPoint2003の場合は、縦か横にしか
トリミングができません。
PowerPoint2003で写真を丸くする技としては、写真の上にスラ
イドの背景と同じ色のドーナツ(二重丸)のオブジェクトを重
ねると、写真を丸く切り取ったようにすることができます。

--------------------------------------------------------

<ご質問はこちら>
ふだんパワーポイントを使っていて、疑問に思うことや、不便
だなって思うことはありませんか?
そんなときは info@ppwork.biz まで!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┏┏ こんなことがありました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このまえ飲み会があったのですが、WBCを見ながら盛り上が
っていたら、知らず知らずのうちに飲みすぎて、次の日は丸一
日寝込んでしまいました(^^;)
みなさんも気をつけましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





2%UPする!PowerPointスキルアップ講座への登録はこちら



Menu











Pick Up

パワーポイントのことならPPwork

パワーポイント無料素材ダウンロード

院内マーケティング

ページトップへ戻る

HOME登録・解除PPworkについてご意見・ご感想
バックナンバー第1期第2期第3期第4期番外編

パワーポイント作成代行・パワーポイントデザインのPPwork