パワーポイント スキルアップ メルマガ

2%UPする!PowerPointスキルアップ講座メルマガ登録・解除バックナンバーPPwork事業概要ご意見・ご質問
パワーポイントスキルアップ講座

パワーポイントスキルアップ講座

第2期

【No.033】色合い3

2-007
↑クリックすると別ウインドウで拡大できます。↑

────────────────────《読者数:0763》
┏ 今回のスキルアップ
┏ 色合い3
┏ 難易度:☆☆
────────────────────────────
こんにちは!
PP職人です!
今日は色合い3回目。
前回の復習はこちら。
http://school.ppwork.biz/?eid=717780

3回目は『トーン』について説明します。
『トーン』って、言葉ではイメージできるかもしれません。

この言葉をよく使うのは、声のトーンとかいいますね。
そのときは、声の大きさのことをいったりしますね。

色の場合はどうでしょう?
色ではちょっと違って、いくつかあります。
色では明るさだったり、濃さだったりするんです。

なんでそうなるかというと、
トーンというのは見える色の感じ方で
変わってくるからです。

色は明るさによって見え方が変わってきますね。
たとえば髪の毛で考えてみましょう。

美容院で髪の毛をちょっと茶色くして、
ちょうどいいと思ったけど、
外に出てみたら思ったより茶色かったなんてことを
経験したことありませんか?

それは見たときの光のあたり方のせいです。
光に当たって明るくなると、
暗いところよりも白く見えます。

つまり白く見えるということは、
色が薄く見えているということです。

目に濃く見えるかどうかがトーンの考え方と
思ってください。
このトーンを統一すると、色が薄ければ優しいイメージ、
原色に近いときついイメージ、
さらに濃くすると落ち着いたイメージになります。

洋服でもそうですね。
原色が多いと奇抜な感じがします。
濃い色のスーツは落ち着いた感じです。

さて、前置きが長くなりましたが、
パワーポイントの話です。

パワーポイントでトーンを統一するにも、
色相と同じようにルールがあります。

色相では一覧表で縦を使いましたが、
トーンでは横一列を使います。
そうすれば簡単にトーンが統一できます。

でも注意して欲しいのが赤の列。
他の列より一段濃くなっているので、
他とは一段ずらして使うようにしましょう!
「その他の色」で六角形の中から選ぶ場合は、
同心円上の色を選べばトーンが統一できます。

それでは、ちょっと長くなってしまいましたが、
今日はこのへんで。
お疲れ様でした。
次回は背景について説明しますね。
お楽しみに!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┏┏ こんなことがありました
────────────────────────────

お知らせが2つあります。

お知らせ1つ目。
毎日コミュニケーションズのCOBS ONLONEで、
『COBS的PowerPointデザイン診断』という選択を答えていくと
どんなPowerPointのデザインにしたらいいか結果が出てきます。
さらにその結果に合ったテンプレートも無料でダウンロードが
できてしまいます。
ぜひやってみてください。
URLはこちら↓です。
http://cobs.jp/tests/shindan/bn/37.html

お知らせ2つ目。
PPworkのWebサイトをリニューアルしました!
ぜひアクセスしてみてくださいね。
メインページはこちら→http://www.ppwork.biz

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





2%UPする!PowerPointスキルアップ講座への登録はこちら



Menu











Pick Up

パワーポイントのことならPPwork

パワーポイント無料素材ダウンロード

院内マーケティング

ページトップへ戻る

HOME登録・解除PPworkについてご意見・ご感想
バックナンバー第1期第2期第3期第4期番外編

パワーポイント作成代行・パワーポイントデザインのPPwork